転職関係のお話

IT企業に転職する際におすすめの業界とは? 必要なスキルって何?【IT業界未経験向け】

Pocket

今転職で熱い業界といえばやはりIT業界です。

IT業界とひとえにまとめても、
Web、ハードウェア、ソフトウェア、情報処理…
業界の中にも多種多様な仕事があります。

その中でも1番おすすめは一体どの業界でしょうか?

そして、IT業界といえば、難しそう、数年の経験が必要、誰にでもできる仕事じゃない・・
といったイメージを持ちがちですがそんなことはありません。

実際にここ数年で未経験からIT業界に転職している人はどんどん増えてきています

今回はそんなIT企業に転職する際におすすめの業界、
そして必要なスキルを解説して行きたいと思います。

IT業界の種類

ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
うーん、今の仕事だと将来が不安だし、IT業界に転職したいけどどの仕事がいいんだろ・・・
やまさん
やまさん
ペン子ちゃん、IT業界について色々と悩んでるみたいだね
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
そうなんだ、『IT企業 転職』 で調べるといろんな仕事があって一体どれがいいんだかさっぱりわからないんだ
やまさん
やまさん
そんなペン子ちゃんの為にIT企業の仕事の種類について解説していくね!

IT業界は大まかに分けると5つあります。

WebサイトやWebサービスを作成するWeb業界

最近注目を浴びてきているRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などを企業に導入し、業務の改善を測る情報処理業界

スマートフォンやwi-fiなどを販売する通信業界

大手銀行の決済のシステムやセキュリティシステム、OfficeやAdobeなどのソフトを扱うソフトウェア業界

パソコンやスマートフォンの部品、ゲーム機などの電子回路を扱うハードウェア業界

もちろんそれぞれの垣根を超えて重なる仕事をしている会社も存在してますが、大まかに分けるとこのようになります。

IT業界の種類は大まかに分けると5つ
・Web
・情報処理
・通信
・ソフトウェア
・ハードウェア

未経験から転職する際におすすめの業種

ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
なるほどね! だいたいのIT業界事情についてはわかったけれど、未経験から転職するにはどれがいいのかな?
やまさん
やまさん
未経験から転職するんだったら、Web業界が一番いいと思うよ!
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
そうなんだ! でもどうして?
やまさん
やまさん
実はここ数年で未経験からWeb業界に転職成功する人がどんどん増えてきているんだ。つまり、ある程度の成功方法と勉強方法が確立されてきているから、転職成功率が高いんだ!
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
なるほど! ということは、未経験からまずIT企業に転職するならWeb業界が良さそうだね

IT企業に転職したいと思っている人は、IT企業の従業員はコードを書いてWebサービスを作ったり、ホームページを制作したりする..というイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか?

その職種はWeb業界に分類されます。

Web業界は、ここ最近Webサービスの台頭が凄まじく人気も高まってきています。
人材の需要もまだまだ高く未経験からでも転職する人が年々増えていくと予想できます。

未経験からIT企業に転職!
という方のインタビュー記事などを見ると、ほとんどがWeb業界の職種です。

勉強方法も今や無料で手に入るため、これからもどんどん転職する人が増えていきます。
また、勉強方法や転職する際のテクニックなどもどんどん確立されてきているので、とりあえずIT企業で働いてみたい! という人にとってもおすすめの業界です。

未経験からIT企業に転職したいならWeb業界がおすすめ!

未経験からIT企業(Web業界)に転職する際に必要なスキル

ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
IT企業(Web業界)に転職しようと思うんだけど、必要なスキルって何かな?
やまさん
やまさん
これまた、Web業界の中にも様々な仕事があるんだ。
例えば、がつがつコードを書くコーダーと呼ばれる人、コードを全く書かないデザイン専門のWebデザイナーの人がいたりするよ。
あと、扱う言語によってコーダーとは呼ばすにエンジニアと呼ばれたりもするね。
ぺん子ちゃん
ぺん子ちゃん
うーんどれもこれも悩むなぁ。。
やまさん
やまさん
昔はコーダーはコーダー、デザインはデザイン、エンジニアはエンジニア…と部門を完全に分けていた企業が多いけど、
最近はその垣根がなくなってきていて、デザインとエンジニアを両立する人も多くなってきたよ。
できることが多い分需要も高くなるから稼げるようになるよ!
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
そうなんだ! やっぱりIT企業で働くからにはそれなりの年収は欲しいなぁ
やまさん
やまさん
最初からいきなりデザイナー・エンジニアを目指すよりは、
初心者の登竜門的なマークアップ言語でもあるHTML/CSSを勉強しながらコーダーの仕事の流れを把握して、
転職したい企業はエンジニア系のスキルが必要なのか、デザイナー系のスキルが必要なのかを判断して、スキルアップしていく方法がおすすめだよ!
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
どれくらい勉強すれば転職できるレベルになるのかなぁ?
やまさん
やまさん
HTML/CSSは、早い人は1ヶ月でほとんどマスターしてしまうよ!
何回も言うけど、最近は勉強方法が確立されてきているから、敷居が低くなってきているんだ。
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
よし、まずはHTML/CSSを勉強してみる!

Web業界は大きく分けると、Webコーダー・エンジニア・デザイナーに分類することができます。

もっと細かく分けるとSEO対策専門の人、お客様の要望を聞き出す専門の人..など数えると限りがありませんが、
今回はわかりやすくWeb業界を大きく占めているこれら職業について説明していきます!

Webコーダーは主にホームページ・Webサイトを制作する職業です。
コーダーは敷居が低い分、単価も年々下がってきており、エンジニア・デザイナーなどを兼任しないと生活費以上を稼ぐことは難しくなってきています。

エンジニアは主にWebサービスやWebのシステムを制作する職業です。
例を挙げるとクックパットやZOZOTOWN、メルカリなど。

ホームページを制作する知識が必要となるため、Webコーダーの延長線上にあると考えてもらえばイメージがつきやすいです。

デザイナーはホームページのデザインを主に担当します。
Webサービスのデザインを担当する際は、どこにどの大きさのボタンを設置すればユーザーが気持ちよく操作できるかまでを考えデザインを制作する場合もあります。

Web業界の中でも流行りのデザインや言語、流行りのコードの書き方など、日々変化しています。
Web業界で働くためには流行りの情報に敏感に、そして常にスキルアップを目指す自走の力が必要不可欠です。

最近はすぐに流行の情報を発信するインフルエンサーの方々が増えたため、情報のキャッチも昔と比べると簡単になりました。

一度慣れてしまえばなんてことはありませんが、決して人の言うことを聞いているだけで簡単に稼げる業種ではありません。

・Web業界は大きく分けると、主にコーダー・エンジニア・デザイナーに分けられる
・決して楽して稼げる業界ではない!

IT企業(Web業界)に転職するための方法

ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
よし、IT業界に転職するために、まずはコーダーを目指していくぞ!
やまさん
やまさん
ペン子ちゃん、やる気満々だね!
でも、残念ながら独学での勉強は挫折してしまう人がほとんどなんだ。
ペン子ちゃん
ペン子ちゃん
たしかに、調べてみると勉強方法がたくさんでてきてなにから手をつけていいのかわからないや・・
初めはどうすればいいかな?
やまさん
やまさん
まずは転職後のイメージを掴むことが大切だよ!
1番のおすすめは、転職先を紹介してくれる企業やサービスを利用して、
どこをどれくらい勉強すればいいか聞いてしまう方法がいいと思うよ!
ぺん子ちゃん
ぺん子ちゃん
なるほど。そうすれば無駄な調べごとに時間を取られなくて済むし、効率がいいね!

IT業界に転職しようと思う人はここ最近多くなってきています。
ですが、いざスキルを身につけようと勉強し始めると、本当にこれは正しい勉強方法なのか? 自分は正しい方向に進んでいるのかな? と不安な気持ちが大きくなっていき、ほとんどの人が挫折してしまいます。

モチベーションを継続するためにも、自分の転職後のイメージを強く持っておくことは大切です。
そして、あらかじめ条件にあった企業を見つけて、どの分野をどれくら勉強すればいいのか理解しておくと、進むべき方向性が明確になるため精神的にも楽になります。

最近は転職保証付きプログラミングスクールが台頭してきています。
高額ではありますがそちらのサービスを利用したり、無料説明会などに参加し、エージェントの方に質問したり、

あるいは転職紹介企業や転職紹介サービスのエージェントの方に、
この条件の企業はどれくらいのスキルが身につけばいいでしょうか?、どういった方法で勉強していけばいいでしょうか? と聞いてしまいましょう!

・勉強する前に、転職後のイメージを持つ
・転職の条件に合う企業を見つけ、エージェントの方に必要スキルや勉強方法などを聞く

まとめ

未経験からIT企業に転職する人は年々増えてきています。
転職に成功した先駆者の情報も検索すればヒットすると思います。

昔は未経験からIT企業に転職は無理だと言われていましたが、それが今は現実化し一般的になりつつあります。

もし、本気で人生を変えたく、転職を考えているのであればまずは行動を起こしていきましょう!